小説家と元外交官「聖書を語る」

なんでこんな時間に書いてるのかというと、
ボケはじめたママンに起こされてしまったんですよ。
朝方に大声で呼ぶので何かと思ったら「呼んでも返事しないから死んじゃったかと思って」って……
そりゃ、普段から5時起きで家事やってあなたを病院に送り迎えしてりゃ
2時には死んだように寝てるよ! まったくもう。



で、こんな本を読みました。

これ、ネットじゃなく銀座の教文館で購入しました。
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが3階以上の階はキリスト教関連の書籍やグッズを扱う書店です。
他の書店とはちょと違って、いつでもキリスト教についての本が手に入るので
機会があればちょこちょこのぞいているのです。
行った日は「はじめてのキリスト教神学」フェアだったw
「はじめての神学シリーズ~アウグスティヌス~」「ルター」「キング牧師」などが
平積みになっているではありませんか。普通はないですよ。そんな特集。
いつ行っても面白い本屋さんです。

先日の日記にもちょっと書いたんですけど、元外交官の佐藤優と作家の中村うさぎが
文藝春秋で対談したものを纏めた本です。
佐藤氏はカルヴァン派の教育を受けていて、中村氏はピューリタン派な教育を女子高で受けている。
それぞれのキリスト教体験がある立場からみた現在の日本
ひいては世界の状況、人心の動向について話し合っている、といったところ。

中村氏はエヴァンゲリオンが好きだそうで、その話がずいぶん出てきます。
佐藤氏も中村氏がそれほど言うなら、と一通り視聴したようで
「聖書を語る」なんてとっつきにくいと思われる方にも
読みやすいかも知れません。
エヴァンゲリオン、私はあんまり好きじゃないんですけどね^^;;
宗教~?胡散臭い~と敬遠しがちな方でもとっかかりやすいと思います。

池上彰氏じゃないですけど、宗教を抜きに世界情勢は考えられないですよね。
だいたい日本は無宗教じゃないですし。
極めて宗教的と言ってもいいくらいじゃないですか?
「空気を読め」「可愛いは正義」なんか、かなりの勢力を持ってます。
実際には不文律ですが、これ明文化したらかなりの無茶振り宗教ですよお!(笑)

「敢えて空気を読まない者は「場」の神を蔑ろにした罪によって
3日間沈黙の行を行わなくてはならない」

「容姿が優れているのは神々に愛されている証拠である。
容姿の悪い者は人の2倍3倍の努力をして当然である」

なーんてね(笑)

私は必ずしも団体になっていたり宗教法人になっていなければ
宗教と呼ばない、とは思いません。
信じていること、信じてしまっていること、その世界観、が宗教だと思うから。

ところで、キリスト教徒のみなさん(神父さんや牧師さん含む)が
「人間は基本的に悪」「最初から欠陥品」
のようなことを言うのは何故なんでしょうね?
神様が創ったのなら、そんなことないはずだ!! と
どうして主張しないのかな?

まあね、実際どーしょもない部分が多いから
リアリズムでそう言ってるのかもしれないけど……

なんか釈然としない。

でもね~全てを神様が創ったものとして信仰しているんなら
そこまでの文句言うって、失礼じゃないのかな。
神様は「いっつぐっど」こりゃー良くできた!と仰ったんでしょ?
じゃあなんで被造物たる人間が「欠けている」だの
「基本的に悪」だの言えるのか。
常々、そこが疑問なんですよね……
[PR]
by toko_hamura | 2012-01-31 20:05 | 読書
<< 当たり前のこと 先日の忠盛さま >>