カテゴリ:日記( 81 )

有楽町でカフェタイム

寒い寒いと言いながら、今日は有楽町にお買い物に行きました。
なんのことはない、ただクリップライトが欲しかっただけなんですが
うちの近所にはクリップライトを置いている店が無い!
お部屋全体を照らす照明はあるけど、こう、どこにでも設置できるような
Zライトとか、クリップライトがないのよね。なんで?
スタンド式のは3000円~10000円! 高いよ@@
そんなので有楽町にまで出向くのかって? 行きますよ~~
今すぐ欲しい! だってベッドで本が読めないなんて最悪じゃないですか(笑)
有楽町のビックカメラでクリップライトを購入して、その後はランチ。
ひさびさに美味しいパンが食べたいと思って神戸屋キッチンのカフェスペースに行きました。
コンサートホールや美術館の入っている建物にあるカフェでした。
ガラス張りで広いスペース。ガラス張りの外観ながら
店内はナチュラルな色の板張り、椅子もテーブルも木製で落ち着く感じです。

b0062086_9273184.jpg


本日のランチはミートパイとカフェラテ。
ここのミートパイは中身のお肉がミートソースみたいで素朴なのが良いです。
電器店で歩きつかれた身に甘いカフェラテが効きますね。
食べ終わって気がつくと、ちょっとうとうとしてました(笑)
このところ母の通院に付き合って早起きしてるので眠いんですよ。
イビキでもかいてたら恥ずかしいので、そそくさと退出。
隣にあったミュージアムショップに寄ってみました。
そこで見つけた、ユニコーンのぬいぐるみ。

b0062086_927572.jpg


ユニコーンのぬいぐるみなんて、あんまり見ないですよね?
お店の方に許可をもらってパシャリ。

その後は銀座まで歩いて、教文館(書店)へ。
中村うさぎと佐藤優の対談を纏めた「聖書を語る」を購入。
なんなんだ、小説家と元外交官の聖書対談って……面白い。
本当に面白かったので、レポートは後日に!
[PR]
by toko_hamura | 2012-01-28 18:24 | 日記

ららぽーと、行って来ました

昨日は天気が良かったので豊洲のららぽーとまで行って来ました。
b0062086_9175134.jpg

雪の後のまぶしい日差し~
フードコートでベトナム式米粉麺をたべ、ナチュラルな木製おもちゃを扱う店
GRANPAPAで店員さんとおしゃべり、フランフランで雑貨を物色、
レスポートサックでカバンを物色(物色ばかり)、しかるが後に1階へ戻ると
生チョコのソフトクリームの店が目に飛び込んできました。
b0062086_9183055.jpg
おお。歩きつかれた私に
「生チョコ&ソフトクリーム」とは
なんという誘惑!!
もちろん負けました

イカン、なんと誘惑の多い場所だ!
3階の映画館、餃子専門店、
インド料理屋……一階に東急ハンズ、
シルバーアクセサリーの店。
隣の棟にはキレイなネットカフェまであるし
どんだけお金使わせる気だ。

3ヶ月に1ぺんくらいにしておくべきだな。
多くても月1?
来週は「麒麟の翼」やるのかな? 
チェックしてみよう(なし崩し)
[PR]
by toko_hamura | 2012-01-26 19:14 | 日記

いやいや、ちょっと待て

散歩がテーマと書いておきながら、いきなり有名人の離婚の話を書こうとする
支離滅裂な女、侑子です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120120-00000006-jct-ent

と言うのも、ダルビッシュくんとサエコちゃんのことなんですけど。
えーっと結婚したのいつでしたっけ?
つい最近よね。
ダルビッシュが23くらいかなんかで結婚したと聞いて驚いたんですよね。
野球には全く興味ないけど、だいたい30歳前後で結婚する人が多いように
見受けられるし「健康管理もして欲しい」となると、それなりの人を
ゲットするにはいくらイケメン・ピッチャーでも23じゃ無理じゃん?と。
よく聞く話では有名野球選手は年上の姉さん女房をもらうことが多い、とか
アナウンサーでも頭いいジャンルの人と結婚するとか……。

何にしても、サエコったら世間に嫌われちゃったね~~。
私はダルビッシュも相当のおバカさんだったんじゃないかと思うけど。

今回の離婚騒動も起こるべくして起こった、と言えるんじゃないかな。
プロ野球の売れっ子選手が20代前半の身で、モデルと付き合うまではいいさ。
でも、ぶっちゃけ、ちゃんと家族計画してた?
っていうかサエコみたいな女が好き、という時点でダルくんの運命は決まってたね。
サエコはいい意味でも悪い意味でもすごいな~と思うけど、
そんな女が好きだったダルくんの負けだろうと思ってしまうのは間違いかな?
[PR]
by toko_hamura | 2012-01-22 06:38 | 日記

見るなら大きい夢を見よう!

b0062086_2014062.jpg
b0062086_202794.jpg


将来、お金持ちになったら…こんな場所に家を建てたい。

美しい海、または湖のそばに瀟洒な館を持ち、

数人の使用人に「奥様」と呼ばれる生活…

誰かの奥様、というだけでなく女主人としての奥様。

週末には友人を呼んでホームパーティ。

庭は芝と薔薇の木があり、モザイクタイルの道を歩くとプールがある。

建物の外壁はテラコッタで色はバーント・シェンナ。

庭の道のタイルは似た色の大理石で統一するのです。



こんなことを言うと、バカバカしい非現実的な夢だと言う人もいる。
大法螺吹きだと笑う人も。
でも、小さい夢や慎ましい夢を見る人ばかりでなくてはイケナイのか?
私はそんなことはないと思う。
慎ましさは確かに美徳だけれど、それを強制するのは野暮というもの。 
私の荒唐無稽とも思える希望は誰を傷つけるわけではない。
むしろ両親を喜ばせ、友人たちに楽しんでもらえる豊かさを求めているだけだ。
[PR]
by toko_hamura | 2008-04-19 00:14 | 日記

ザビエル祭

さて、本日は世間的には勤労感謝の日ですが…とある神学校では
ザビエル祭と称した学園祭(?)が毎年11/23に開催されています。
去年までは地味〜〜なコピーらしきチラシがフェンスに張り出されていて
本気で人を呼ぶ気があるのかと思ったほどですが
今年はしっかりと印刷されたイラスト入りの黄色い紙でした。
去年は参加したものの、写真を撮らなかったのでブログにも書かなかったんですよ。
今年は撮りましたよ〜。でもね、あんまり人物は撮れませんでした。
だってーこんなミーハー(古っ)な主旨の記事で写真を載せられたくないでしょう
普通。肖像権の侵害かもしれないし、建物内を撮るのも良かったのかどうか。
まあ、撮っていても叱られなかったので大丈夫だとは思いますが。


この手作り感がたまりません…
b0062086_0191675.jpg


なかなか撮れない神学生のスータン(キャソック)姿です。
付近を通りかかってもめったにこの姿の学生には出くわしません。
ちなみに、この学生はヒラですが、太いサッシュベルトをしている学生は
何やらリーダーのようです。さすがにブログに載せるから撮らせて欲しいとは
言えませんでした(笑)
b0062086_0431045.jpg


イケメン揃いのイメージにあふれている学内…
まずはイエスさんから
b0062086_0474120.jpg

そしてザビエルさん。他では見られないほどダンディです。トンスラもありませんね。
b0062086_05050100.jpg

モザイクで作られた十字架。第二次世界大戦が終結して間もない頃に
ケルンの修道院からプレゼントされたものだそうです。
b0062086_0552231.jpg


ちょっと疲れたのでまた明日にアップします〜
[PR]
by toko_hamura | 2007-11-24 00:57 | 日記

感想ブログ、はじめました

どーも〜。
この度、あちこちで書いていた映画や本の感想を
他のブログサービスでまとめることにしました。
何だか、比較宗教学(?)萌えがひどくなってきまして、
ここで書いているニュースへの突っ込みとはトーンが合わないなあと。
それならば、いっそニッチな感想ブログを作ってしまおうと思ったのです。

ブログのタイトルは『Dove siamo?』 ドヴェ・スィアーモ? です。
http://mipiache.blog112.fc2.com/
Doveはどこ、siamoは、私たちという意味なんですが、地図を見ながら
「ここにいる私たちは、一体どこにいることになるんでしょう?」
と尋ねる場合のイタリア語です。
まあ、1人でフラフラと彷徨って自分が何処にいるのか
分からなくなっている感じだと思って下さい(笑)

よろしかったら、おいでくださいませ〜(^^)/
[PR]
by toko_hamura | 2007-07-12 13:12 | 日記

アクセス増加の謎

このブログには毎日250人くらいの人が来てくれているようだ。
しかし、ここ1週間はその倍くらいのアクセスがあった。

なぜだ。更新もしていないのに。

喜ばしいことなんですが、あまりコメントなどは頂いていないので
ちょっと寂しいですね(笑)
コメントは好意的なものを頂くともちろん嬉しいですし、
厳しいご意見でも、ありがたいものです。
いきなりタメ口だったり、嘲笑するような方もたまにいらっしゃいますが、
そうではないかぎり歓迎しております。

あの、そんなに大した事を書いているつもりはないんで
(それは見れば分かりますよね(笑)
お気軽に声をかけて下さいね。
怖くないですよ〜(^^;;

b0062086_2304868.jpg

[PR]
by toko_hamura | 2007-06-19 23:00 | 日記

しあわせ

単純なことで喜んでいる。
実に分かりやすい女…それが私だ。
今回は、望みの待ちに待った仕事のオファーがキターー!!
という明快かつ、どうしようもなく現金なモノ。
なんと言ったって、ストーカー(?)かと思うほどの
粘り腰で動くのを待っていたのだから
喜んだっていいだろう。
兄1号にも電話で報告しては呆れられながらも盛り上がっている。
「もっと見られる形になってから報告せよ」
と言われても、ゴメ〜ン♪である。どうかしている(それは分かっている)。
ああ、ここではタイトルを言えないのが辛いわぁ(^^;;

アンタは難しい、と言われることが多いけど
本当は好きなものさえ与えておけば素直で単純なヤツなんですよー。
そういう仕事の資料なら、電話がかかってくれば
は〜い♪ってなもんで、二つ返事で受け取りに行きますよ!
仕事じゃなくても、何か好きな物、事、がありさえすればいいんです。
[PR]
by toko_hamura | 2007-06-04 21:39 | 日記

特殊能力映画

ここのところ、妙な超感覚をもってしまったがために
エライことになってしまう、という内容の映画やドラマを立て続けに見た。

スーパー・ナチュラル、ポイントプレザントの悪夢、
ミディアム、そして今日はプロフェシーを見た。

スーパー・ナチュラルは6話くらいまで見た。
なかなか男前と評判の兄弟を目当てに見たわけだ。
じっとりとした因縁話の連続でアメリカっぽくない。
そこは好感を持ったのだけど、ちょっと展開が遅い。

ポイントプレザントの悪夢は3話まで。
嵐の海で救助された美少女はミザリー的能力の持ち主。
その子が現れたことによって、平和だったポイントプレザントの街は
崩壊に導かれるのでありました! さて、お立ち会い。
しかし、彼女が能力を表すのは男女関係のもつれ(?)が
きっかけになることが多く、それもまたありきたりなので飽きてくるのであります。

ミディアムは、何か別のDVDを借りた際にくっついてた宣伝用を見たのです。
なんだか、借りたものより面白かった気が(笑)
法曹界で活躍することを目標にしている研修生で1児の母は、昔から
不思議な能力があったが、普通に生活したいという気持ちから
能力を封印して生きてきた。ところが、裁判所の記録係のバイト中に
再びその能力が現れて…というお話。
お話の作りとしてはごく普通で、先が読めてしまうのですが
登場人物に好感が持てるんですよね。みんな善良なアメリカ国民なんだけど
それがイヤミに感じない。なんでかなあ。

さて、プロフェシーですが。
ああ〜何と下らない作品でしょうか(笑)
妖怪モスマンとの接近遭遇。それしかない話。
どうしてこれにリチャード・ギアが出演してるのか。
そして、エミリー・ローズにも出演してた女優さんが出てるのか。
彼女はヘンな映画が好きなんだろうか(^^;;
エミリー・ローズの方がず〜〜っと良い映画です。言うまでもなく。
実は、何の予備知識もなくDVDを借りたんですよ。
まあねえ、タイトルがプロフェシーなんで、予感とか預言とか
そういう話なんだろうと思ったわけです。
確かに予感てか予兆、預言なんですけど、それが
妖怪モスマンとの交信によるものだとは予想だにしませんでした…(爆)

ちなみに、私が特殊能力映画で好きなものは
古くは『エクソシスト』、新しくは『コンスタンティン』です。

関係ない猫の写真
b0062086_22391224.jpg

[PR]
by toko_hamura | 2007-06-03 02:38 | 日記

好都合日記001

さて、何事も希望が叶う前提ではなしを進める、
『好都合日記』の第1回でございます。

ではザッと今思いつく限りの望みを書いてみましょう。

今、手がけている企画が大ヒットして世界中で人気を博す。
そして私は大金持ち。
月収で言えば、はじめは50万、そのうち100万、
次には200万を超えるようになり
ついには支払いが小切手でやってきます。わお。
都内の中央区の高層マンションを購入。5LDKくらいで床暖房つき。
住民のみ利用のジムやスパなんかもあるマンション。
夜になれば東京の夜景が美しいところ…に家族で住むのです。
いや〜、地元民に戻れて幸せ! 
かかりつけの病院だってすぐそこです。

さて、そんなことをしている間に私には素敵なダーリンが。
実力あるアーティストで、優しく、頭もよく、Belloな彼!
どこで知り合ったのかって? 仕事上のパーティですよ。
あれ?語学学校のイベントだったかなー。
そこで意気投合して、色んな所へ遊びに行くように。
お互い仕事は忙しいけど、年に1、2度は一緒に海外旅行。
主にヨーロッパの鉄道旅行。
『世界の車窓から』のマネッコをして遊びます。

そして、鉄道で行ったイタリアで素晴らしい家を発見。
モンレアーレの修道院みたいな建築様式の建物で
屋上のサンルームで植物を育てられるようになっており、
庭にはプール。プールの周りはテラコッタのタイルで舗装。
一階の回廊から直に庭に出られます。
あまりに理想的なので一目惚れ!! 購入を決意。
ダーリンとこの家で暮らすことに決定。
週末には友達を何人も呼んでフェスタをするのでした。

こうして改めて書いてみると、リッチな生活が
私の望みなんですなー。
特に豪華というわけではないけれど
やろうとすると地味にお金がかかる。
質、クオリティですか? これって(笑)
[PR]
by toko_hamura | 2007-04-29 03:30 | 日記